foobar

タグを使用すべき理由

tl;dr:正しくローカライズするには、動的に割り当てられたセクションを含むコンテンツで常にタグを使用してください タグやプレースホルダはテキストの一部なので、翻訳時には消さずに置いておかなければいけませんが、訳語が自然に読めるようタグの位置を変える場合もあります。例えば、英語のInvited %name to service! (%nameをサービスに招待しました!) をフィンランド語に訳すと、%name kutsuttiin palveluun!となります。フィンランド語への翻訳では、タグの位置が文頭から移動していることに気付きましたか。個別に翻訳された文字列と動的な情報の順序を固定したうえで結合するローカリゼーション戦略では、非常に分かりやすい翻訳は生み出せません。タグを使用する場合は、ローカライズされた文字列を取得した後に、タグを動的コンテンツに置き換えるべきです。例えば、先ほど紹介した例で、招待された人がJohn (ジョン) の場合、英語ではInvited John to service! (Johnをサービスに招待しました!)、フィンランド語ではJohn kutsuttiin palveluun!となります。 タグには様々な種類があり、通常は、お使いのプラットフォームやローカリゼーションシステムでタグ形式が決まります。プレースホルダの一例として、%name、[name]、<name>、{{name}}が挙げられます。翻訳者がタグを翻訳してしまったり削除してしまったりすることを心配されるお客様もいらっしゃることでしょう。こういった間違いを避けるため、Transfluentのプラットフォームは最も一般的なタグをサポートしています。また、翻訳者に対し、プレースホルダの変更や削除を行わないよう警告しています。

Transfluent is the ultimate solution to translate any kind of content using professional translators.