foobar

翻訳文の長さと文量

tl;dr:機械翻訳を使用すれば翻訳文の長さはだいたい予想できるので、字数制限がある場合は、事前に翻訳者に伝えておく必要があります。 ほとんどの場合、翻訳文の長さは重要ではありません。例えば、フィンランド語で15ページの契約書が英語では25ページになることはあり得ませんが、技術的な問題や実務上の制約により、翻訳文の長さに制限があることもあります。ボタンのキャプションなどのユーザーインターフェース要素は短くする必要があります。翻訳用の文字スペースが固定されてしまっている場合もあります。UIが崩れないよう、翻訳文を指定した字数以内に収めるよう翻訳者に指示するだけで通常は問題ありません。一般的に、応答性の高いユーザーインターフェースの設計を目指すと良いでしょう。キーワードや説明文に字数制限があるAppleのApp Store 文字数制限など、技術的な問題で字数制限がある場合もあります。 機械翻訳を使用すれば、翻訳文の長さを大まかに予想できます。例えば、中国語から英語に翻訳する場合、文字数は大幅に増えます。中国語の1文字が英語の1単語を表す場合があり、中国語で書かれた文章の方が文量がはるかにコンパクトになります。こういった場合、翻訳文に字数制限を設定した方が良いでしょう。指定した字数を超えてしまう場合は、訳文を少し省略するよう翻訳者に指示するのです。字数制限がある場合は、事前に細心の注意を払うようにしてください。そうすれば、翻訳文の長さを初回の納品時点で期待通りにできるので、翻訳プロセスが素早く簡単に済みます。 翻訳文の長さの概算に使えるツールをご紹介します。

Transfluent is the ultimate solution to translate any kind of content using professional translators.