foobar

複数形、語形変化、単語の性別

tl;dr:ご注意ください。複数形が2つ以上ある言語や、単語に性別がある言語が存在します。 「単数形」、「複数形」があることはすでにご存じかと思います。英語にはこれがあり、他の言語にもありますが、すべての言語がそうではありません。例えば、中国語では単語に複数形というものがない代わりに、複数ある場合は、単位や数で示されます。これと反対に、ロシア語では、数によって複数形が変化するのです。例えば、価格を表す1ルーブルは1 рубль、2ルーブルは2 рубляですが、51ルーブルでは51 рубльとなり、100ルーブルは100 рублейです。一部のローカリゼーションシステムでは、こういった2つ以上の複数形に対応することができないため、翻訳者はこういった問題に対処しなければならないのです。このロシア語の例では、1つの翻訳に対し、考えられる複数形をすべて含めて100 рубля/ейと翻訳します。可能であれば、複数の複数形をサポートしているローカリゼーションシステムやフォーマットを使用されることをお勧めします。ロシア語やアラビア語圏の市場向けにローカリゼーションを検討されている場合は特にこれが重要です。 他に挙げられる言語間での大きな違いは、「語形変化」です。例えば、英語では「office」(オフィス)という単語は、to the office(オフィスに行く)でもfrom the office(オフィスから出る)でも変化しませんが、フィンランド語には前置詞がないため、「オフィスに行く」、「オフィスから出る」はそれぞれ、toimistolle、toimistoltaとなります。ローカリゼーション作業では、翻訳の際に原文を'send to ' + i10n($target)のように区切ると便利かもしれませんが、訳文に単語が含まれる場合、正しくローカライズすることは不可能です。単語に性別がある場合も同様の問題が生じます。英語では、「cat」(猫)や「dog」(犬)といった単語の冠詞はaまたはtheのいずれかで構いませんが、ドイツ語になると、a catはeine Katze、the catはdie Katzeで、a dogはein Hund、the dogはder Hundとなります。これは、単語の性別によって冠詞が変化することが原因です。

Transfluent is the ultimate solution to translate any kind of content using professional translators.